忍者ブログ
プロフィール
HN:
ロイ
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/03/17
職業:
交替勤務
趣味:
ドライブ・ゲーム・歌うこと
自己紹介:
PSUはW1でヤッテマス
MHFは鯖①でヤッテマス

よく聴く音楽
・ほぼ洋楽。(アヴリル、クリスティーナ・ミリアン、Ne-yo等)洋楽ってドライブが楽しくなります。
邦楽は最近サッパリです。聴く気しない・・・

特にお気に入りのゲーム
・PSU
・モンハン
・ダーククロニクル
・FFⅨ

好きなもの
・肉料理
・紅茶
・ルパ~ンさ~ん世♪
・美脚!
・定時仕事アガリ
好きくないもの
・大根!(いや、野菜じゃなく・・・
・自己中さん
・残業

カウンター
ここは管理人がドンマイ過ぎるがために見る人までドンマイな気分にしてしまう。そんな実にドンマイな所。 訪れたそこのアナタ。 はっはっはドンマイ!
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PSUはRPGである以上ミッションが核になってると思うのですよやはり。
でもソコがけっこー不評。イルミナスで戦闘システムは結構楽しくなりそうですけど
ミッション内容はどうなのか・・・?


とゆーわけでちょっとミッションを盛り上げてみようと友人と話し合ってみました。

戦闘システムに関してはとりあえず置いといて。
まずマンネリズム全開なミッション内容を何とかするべきじゃないかなと思うワケですよ

んでもほとんど形が出来ちゃってる今となってはなかなか難しい話。
別ゲーになっちゃぁアレなので・・・
ちょっとしたサプライズ物を考えてみました
一応二つほど

特殊ボックス
モンスターハウス

まず特殊ボックスから
見た目はそのミッション毎に出てくるアイテムボックスと同じもので出現はランダム。
レアなボックスと思ってもらえば。配置場所はラストブロック(ボスマップ前)の通常ではボックスが配置されていない位置に固定で、敵が回りに居ない場所が良いかと。
素材アイテム、メセタ、敵さん のいずれかが大量に出現

ボックスを壊したらボワンって感じに・・・
素材なら
0066f286.JPG

こんな感じで



メセタなら
c49cd39b.JPG
こんな感じで大量に・・・つーか50限界で(爽
金額は
Cで一つ100メセタ(計5k)、Bで200(10k)、Aで300(15k)、Sで400(20k)、S2で600(30k)くらいが妥当かなぁ・・・?ラッキーボックスなんでウマーじゃないとねぇ
出現率次第じゃあこの金額ではウマすぎるかも


んで敵さんの場合
d40090e1.JPG
さすがにコレはやりすぎだけども(笑)
実際には壊したボックスを中心に敵が沸く感じです。
一応ハズレなりに経験値が1.5倍くらいになると良いかも~
沸く敵はミッションに出現する敵でランダム・・・かな。敵の強さ(大体はサイズで決まるかなと)によって体数が変動。もちろん強い敵(デカブツ)ほど少なく。
極稀にレアモンスターが出現することも。その場合、出現数は大分少なくなりますけど、普通に出会えるより多く出現。・・・してくれた方がいいですわな。極稀だし
ちなみにこのボックスから出現する敵はミッションランクに影響は無し。撃破数もカウントしないものとします。無視してもおkってわけですね。ただし戦闘不能は影響あり。
敵の無視が可能なのでソロでもレアボックスは出現してもいいと思います。
ボックスは大体こんな感じで



んで次のモンスターハウス
はまんま名前の通りです。
ブロックは一部屋のみ(広間マップ等)で構成され、本来ならブロックの各所に出現するはずの敵がそこに次々沸く感じで。一体倒せば一体沸くみたいな?

モンスターハウスの発生はランダムでボスワープのあるミッションのラストブロックのみ。
PTメンバー3人か4人以上で発生(ソロじゃ無理があるので)。

PPリカバリが無いようなもんで更に敵の出現テンポが早く、数も多いので厳しいでしょう。
イルミナスの通常攻撃のシステムもちっとは生きるんじゃないでしょーか?
ジャストカウンターも活躍しそうな気がしなくもない・・・
終了時に上で紹介したレアボックスが出現。飴と鞭もしっかり
モンスター出たらはっはっはドンマイ!

モンスターハウスの出現率次第でレアボックスの中身の量は調整しなきゃですけどね。
パっと浮かぶ問題はボックスの方はともかくモンスターハウスの方はPS2じゃツラいでしょうけど・・・

そうそう、イルミナスで実装予定のジャストカウンターなんですが
ガード時に攻撃ボタンを押すと攻撃に移れるらしいのですが、どうも繰り出すのは通常攻撃だとか・・・?
はっきり言ってそれじゃ意味ない気がします。
一応必ずクリティカルになるらしいですが。
結局敵の連打浴びてほんぎゃーーーーになるのは間違いないでしょう。起死回生であるはずの「カウンター」が名前負けですよね。ちなみに打撃以外の武器でも繰り出せるらしいです。
今までと変わらずPA発動時もガードとっちゃうとバッチリ中断になるでしょうし結局メリットはほとんど無いんじゃ・・・RA、FOは隙が無くなっていいかもですけどね。攻撃に怯み効果あるものが多いし。
また前衛荒波かYOってちょっと待てい

で、私的意見なんですけど、この際武器毎にカウンターモーションがあるほうが良いんじゃぁないかなと思うワケですよ。
ロック数プラスに加えて打ち上げ効果orダウンor吹き飛ばしor怯み
なんかを武器ごとに設定されてあれば戦闘が爽快かつ楽しくなるんじゃないでしょうか?もちろん杖や銃でも専用アクション用意できるでしょうし。
なんならスキル使用時のキャラモーションなんかを流用したりすれば簡単でしょー。
何だかんだで戦闘に「俺TUEEEE!!」とか「カッコEEEEE!!」と感じれる要素がある方が楽しめると思うのデスヨ。

さて、長くなってしまいました。
こんだけほざいた分意見として送ってみようかなとは思います。その前にココを見てくれてる人の意見でも聞かせてもらいたいなーと思いまして。
「こりゃボツ案だわ(笑)」とか「ここはこーした方が」なんて意見ありましたらお聞かせくださーい
今更ぶっちゃけるのもアレですけどコレ結構適当に考えちゃってたりするかも



バロスwwwwwwwwwwww



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
後のグラールの不思議なダンジョンの誕生である。
ギーオ 2007/07/26(Thu)08:32:20 編集
最後のがだいなしだわ。
えぇーまぁ、たしかに戦闘システムは変えてほしいけど、そんなにメセタでたら・・・
それはおいといて、わたくし。地味にMHFはじめましたww
名前はむかしのやつでwataruです。鯖1にいるんでさがしてみてちょ♪
りふる 2007/07/26(Thu)16:37:42 編集
無題
モンスターが沢山出てくるのは良いと思います。
ふぁみ通のボーナスみたいで面白そう~。マゾですから~。
こねこのしっぽ 2007/07/26(Thu)18:45:29 編集
無題
>ギ男たん
ゲームのシステムが全く別モモだからダイジョブ。キットダイジョブ。てか研究施設奪還のラストとか似た様なモンだし・・・ウン、ダイジョブ名前が悪かった

>リフール
レアボックスだし、出たら「ウマーーー」と叫びたくなるようなモンが良いかなと思った次第。
それは置いといてMH楽しかったアルヨ。また共に狩場を駆け巡ろうではナイカ ヨイデハナイカ チコウy(ry

>しっぽポン
「ぎゃああぁぁぁぁ」とか叫んでしまいたくなるモンも良いかなと思った次第。
フツーに刺激も無くやってるミッションはやっぱモチベも餅ませぬ・・・
それにしても自認型マゾでしたか^^^
私はNです「ノーマル」です^^
ロイ 2007/07/27(Fri)08:21:00 編集
無題
良いアイディアだと思う
あとはPSUの要望メールに100通以上送れば
ミッション完了だな、がんばれ
かいりゅう 2007/07/27(Fri)11:39:59 編集
まあびっくり
ああ、
この要望を見られた方は一週間以内に同じ要望を5通おくらないと死んでしまいますって奴だね(違ゥ

箱から出てくる敵が、自分と同じ姿と装備をしたドッペルさん(おにつよver.)だと、出てきたときビビって面白いかもね。
ヘリde 2007/07/27(Fri)12:55:04 編集
無題
>かいりゅ
50通づつ分担しようか(爽
ジャストカウンターはもう無理だろーから妄想しとくだけにナリソス

>ヘンリー・デン
よーし、要望送らない子には私がモニタの中から出て来ちゃうゾ☆
ドッペルさんはすげー面白そう。
私のドッペルは登場と同時に絶対
「はっはっはドンマイ!」って言うに違いない。

カットイン付きで

んでもキャラと同じって事は出てきたらかな~り重くなるでしょうな・・・
PSUは1キャラのデータ量が半端NEEEとか聞いたことあります。PTメンバの内の一人なら何とかなるかもですが、全員分出たらPA使った瞬間PS2はフリーズでもしちまいそうな予感

一人分だけランダムで選ばれて出るとしたら
「うはwwww俺皆からボコボコwwwちょ・・・罠までwwwそれにグレネハメとかwww吹っ飛びまくりングwwwwwwww」
何て事に。
   実 に 面 白 い
ロイ 2007/07/28(Sat)01:46:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by 忍者ブログ [PR]